梅雨~結婚式、披露宴、湿度が高くても爽やかお呼ばれパーティードレス集

毎年6月には会社や友人知人の結婚式、披露宴、2次会が立て続けにという人は多いようです。中には、1日2件の掛け持ちなんて言う方も。この季節だからこそ気になるのが、湿度。

皆さんヘアとメイクにだけ気を向けるようですが、実はドレスだって、湿度でかなり体にぺたぺたまとわりついて、せっかくのスタイルが台無しになってしまうことすら有るのです。

今回は、こんな時にも爽やかな見た目で、湿度からくる裾や動き、そしてボディラインの重さなどを感じさせない軽やかドレスを選び抜いてご紹介します!

パールビジューケープパンツセットアップ

やはり梅雨時。よく考えてみると、とくに親友や親類などのお式の日には、結婚式から2次会まで、女子はだれもが自分が参列者であるだけでなく、周囲への気遣いも行わなければいけません。

実はそれなりに活動量もあり、湿度やドレス、ヘアなどの湿気の他、汗なども気になってしまいます。多少着崩れてしまっても、最近流行りのケープスタイルなら、ふんわりとして全体のシルエットをカバーしてくれるのでどこまでもさらさらの見た目が続きます。手元がしっかりと大きく動かせるので、実用面からも実はおすすめです。

ケープブラウスドッキングワンピース

ざっくりと大きくフリルを重ねて、ゴージャスなボリュームのケープタイプブラウスに、タイトなボトム。結婚式などのお呼ばれ以外、夜遊びにだって使えてしまう、活用度の高いドッキングワンピースです。

ふと見た感じセットアップにしか見えませんが、ワンピース。ということもあり、湿気がかなりある会場や、あちこち動き回らねばならない式や二次会アレンジのときも、着崩れによるだらっとしたイメージになりにくい点はうれしいですよね。

足長効果抜群スタイル美人の幸福ワンピースドレス

どんな女子でも脚長、小顔で美しいスタイルに見せてくれる、ギャザーたっぷりで美しいボトムへのラインがつながっているワンピです。俗に言う「お嬢様ワンピ」で一生に一度は着てみたいという人も多いかもしれませんね。

後ろのレースアップも、女子力が高く、バックの開きの大きさが、セクシーになりすぎず愛らしくまとまっている点も、お式向きだと思います。

ケープスリーブIラインワンピース

Iラインでスッキリタイトにまとめて細みせ効果。そしてスケ感がほどほどで絶妙の見せ感のあるケープで、華やかさと、腕や脇などの隠したいラインはしっかりガード。それでいながら湿気にも強く、風を通してドライにずっと一日過ごさせてくれます。

このタイプのワンピ、電車で会場まで向かうときには、たくさんの羽織モノを持たなくても、ストール1枚でアレンジ出来てしまう点も、コンパクトタイプのワンピだからこその便利ポイントですね。

ニット×シフォンクレープドッキングワンピース

主役よりも目立ってしまうかもしれないほど美しいラインのワンピース。どことなくオードリーヘップバーンに似たスタイルでもありますが、なんとこちら、上半身がニット。だからシワ知らずで、汗をかいても目立ちにくいのです。さらにシャンタン素材などに比較して通風性も高く、だからこそ長時間着ていても快適。

ボトム部分は透け感が高く、華やかな印象。こちら1枚だけでなく、さらにケープやストールをあわせても美しく決まります。

繊細カットワークレースシルク風シフォンワンピース

マダム感を演出しながら、上半身よりもボトムのレースがたっぷりで大柄なので、セクシー過ぎずにほどほど上品というドレス。カットワークが大胆な柄で、オフィスから会場に向かう日などのお呼ばれシーンにも対応できそう。

ブラックでは大人の印象に、そしてベージュ系では可愛らしい印象にも仕上がります。いずれのデザインも、差し色アイテムとも似合う絶妙の色使いの点もいいですよね。

スタイルアップ効果バツグンの4WAY STYLEパンツスーツセットアップ

ドルマン風に、マントやケープ風に、ジレ風になど、1枚で色々アレンジできるのがこの、4WAY STYLE パンツスーツセットアップ。とくにこの季節は様々なイベント会場で、ドレスがかぶらないようにみえることがお付き合いの基本マナーでもあります。

アレンジがかなりつけやすいこうしたドレスを1枚揃えておくと便利。さらに基本のドレスを着用した上半身側に、こうしたアイテムをプラスするなどでもアレンジできそうですね。今回ご紹介する中で、もっとも印象に変化がつけやすいのがこちら、一番コスパが高いヘビロテ服かもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする